rago1975が自ら環境を構築して執筆するブログ

Wagtailの導入(その1)

ここから、このブログにおけるwagtailのセットアップについて、少しずつ書いていきたいと思います。

pyenv の導入

Wagtail、及びDjangoはPython製のアプリケーションです。Arch Linuxにおいては、システム内部のアプリケーションは原則的に常に最新のバージョンが入ることになります。Wagtail、Djangoを使う際には、動作が確認されているバージョンのPythonを使用したいので、ユーザーローカルでPythonのバージョンを固定して使用したいと思います。

このサイトでは、pyenvを使って、システムとは異なるバージョンのPythonを使用することとします。

github からpyenvを引っ張ってきます。


$ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv

このサイトでは.bash_profileに以下の3行を追加しています。


export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

.bash_profileの編集後、


$ source .bash_profile

これで、pyenv コマンドが実行できるようになり、ユーザーのpythonコマンドのパスは、~/.pyenv/shims/となります。

pyenv でpython のバージョンを指定してインストールします。このとき、pythonは~/.pyenv/ にインストールされます。

(例)python 3.7.0 をインストールする場合


$ pyenv install 3.7.0

Python パッケージの導入

~/.pyenv/ にPythonがインストールされ、python 関係のコマンド(pipなど)のパスが~/.pyenv/shims/ に設定されているとします。ここでwagtail でサイトを構築するためのpythonパッケージをインストールします。

wagtailの導入の方法は、公式のドキュメントに記載されています。基本的には、以下のコマンドで~/.pyenv/ 以下にPythonのパッケージがインストールされます。


$ pip install wagtail

なお、このサイトでは、ブログのプラグインである puput 、データベースにMariaDB(mysql )に接続するためのmysqlclient、ついでにuwsgiについてもpip でインストールします。

なお、puput のインストールについてはpuputの公式ドキュメントを参考にしてください