rago1975が自ら環境を構築して執筆するブログ

urls.py をいじった。

puputの場合、標準の設定を用いるならば、ブログのトップページからリンクされる各記事のURLは/19/06/20/(記事名) になっていて、日付をまたいで記事を更新するような私にとっては、煩わしく思うことが多かった。

puputの標準的なtemplateファイルでは、各記事のURLは{% entry_url %}というタグで表現され、そのタグは、結果的にはurls.py中のget_entry_urlという関数で定義される。

つまり、各記事のURLを変えるためには、urls.pyを編集して、get_entry_urlの定義を書き直せば良いということになる。