rago1975が自ら環境を構築して執筆するブログ

Let's encryptによるサイトのhttps化

Let's encrypt(Archwiki)を使用すれば、貧乏人の私のサイトでもhttps化することができます。

Archwikiを参考にして導入を試みましたが、案外、簡単にできました。

なお、このサイトではNginx を使用しています。Nginxの設定によって、httpからhttpsにリダイレクトするのも可能です。

以下、nginx.confの編集の例です。

 
 # the upstream component nginx needs to connect to

upstream django {
    server unix:///home/www/blog/myproject/myproject.sock ; # for a file socket
    # server 127.0.0.1:8001; # for a web port socket (we'll use this first)
}

server {
        listen       80;
        server_name  blog.rago1975.net;
        return 301 https://$host$request_uri;
    }

server {

        listen 443 ssl;
        # SSL証明書のパスを指定.
        ssl_certificate     /etc/letsencrypt/live/blog.rago1975.net/fullchain.pem;
        ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/blog.rago1975.net/privkey.pem;

        server_name  blog.rago1975.net;
        charset utf-8;
        
    location / {
	    uwsgi_pass  django;
	    include uwsgi_params;
	}
  
	#error_page  404              /404.html;

        # redirect server error pages to the static page /50x.html
        #
        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
            root   /usr/share/nginx/html;
        }

    }