rago1975が自ら環境を構築して執筆するブログ

Manjaro Linuxを使用する上での注意事項

1.Manjaro Linuxの時刻系はUTCがデフォルトです。

Manjaroを含むArch 系のLinuxディストリビューションでは、デフォルトでは、ハードウェアクロック(RTC)に協定世界時 (Coordinated Universal Time, UTC)を使用しています。詳しくはArchwikiの時刻の項を参考にしてください。Manjaroを日本のタイムゾーンでインストールすると、ハードウェアクロックは表示時刻の9時間前になります。しかし、Windowsとデュアルブートしている場合、問題が発生します。Windows 7 ではハードウェアクロックはローカルタイムを使用しています。つまり、Windowsを起動すると、ハードウェアクロックがローカルタイムに書き換えられます(日本の場合、ハードウェアクロックが9時間進むことになります)。その後、Manjaro Linuxを起動させると、システム全体の時計が9時間先に進みます。この時刻のズレが、システムのアップデート等に影響を及ぼす可能性が考えられます。(例:Manjaro Linuxのパッケージのアップデート関係でPGP鍵エラーの原因の一つ。)Manjaroのコミュニティでは、この問題の解決策として、Windowsのレジストリをレジストリエディタ等で手動で書き換えて、WindowsのハードウェアクロックをUTCに変更することを推奨しています。

2.Arch User Repository(AUR)のパッケージはManjaro公式パッケージではありません。

AURパッケージは、原則的にArch Userのためのリポジトリです。Arch LinuxとManjaro Linuxの間には、リポジトリ内のパッケージの内容や、更新時期に多少の違いがあります。パッケージの更新のタイミングによっては、AURパッケージのビルドに失敗することがあります。

3.Manjaro Linuxに関する情報は公式Forumが最も正確です。

Manjaro Linuxは発展途上のディストリビューションであるため、システムの細かな構成も日々変化しています。特に日本語で書かれたサイトなどでは(このwikiを含めて、1年前の記事でも)使い物にならない場合があります。Manjaroに関する情報はForumを参照することを強くおすすめします。なお、Forum内の記事を検索するためにはForumへの登録が必要です。